秘伝忍法帳 刀機竜 (台紙なし)

大オークション出品商品のご紹介です。
今回はこちら エスキモー秘伝忍法帳の刀機竜 
0000681922[1]
0000681924[1] 台紙はなく。粘着面に謎の文字あり。
1988年冬発行「秘伝忍法帳」アイスのおまけシール。
残念な状態ですが、おまけシールの中でも一・二を争う稀少なシールです。
エスキモー「秘伝忍法帳」最終12弾の「機獣族」のシールで、
コミックボンボン1989年1月号の470頁「最強シール軍団実録ひみつ全書」にも紹介されましたが、
カラーページではなく色味は非公開同然でした。
同471頁には「第13弾に期待しよう。」とも記載はあるものの、
秘伝忍法帳はこの12弾で終了してしまい、2月号以降に改めて掲載されることもありませんでした。
刀機竜は雑誌連載漫画では、オオモノっぽく登場したものの目立った活躍はなく、
主人公にあっさり切られて終了でした。

「秘伝忍法帳」の最終弾の少なさはなぜなのか?
ビックリマンでは17弾が発売されたのと同じ時期。
ビックリマン17弾といえば数がいっぱい出ています。
なのに「秘伝」はとても少ないのです。
アイスを冬に大量消費してもらうのが大変だったせいなのか?
1つ前の11弾でプリズムからアルミへと素材が変更され、
キャラクターも見慣れない頭身のキャラになったのはイマイチ不評だったとも聞きますが真相は不明。
その為、次の12弾が少量出荷になり、あげくは急遽終了になったのではないでしょうか。
すこし前にもデッドストックの噂でもちきりになりました。
出荷量が縮小され、その影響でシールのデッドストックが存在すると考えるのは自然です。
稀少性が危ぶまれましたが結局、市場に出回ることもなく稀少性は変わっていません。

試行錯誤されながらも当時脚光を浴びなかったシール。
今回のこのシールは残念ながら台紙がありません。
代わりに普通の剥離紙 (シール台紙) が貼られた状態。
なにげなく剥いでみたところ粘着面になぜか反転した「KOKUYO」の文字がありました。
何かに貼って剥がした痕跡のようです。
それでも残っている事だけで存在感大きい一枚です。
スポンサーサイト



  1. 2012/10/11(木) 22:00:00|
  2. まんだらけZENBU

まんだらけ 通販

まんだらけ オークション