まんだらけZENBU56号~ガムラツイスト2枚目の白さ

いよいよ10日から一般書店での販売も開始された
まんだらけZENBU56号

10月4日(木)から開催の大オークション大会の商品目録の 
まんだらけZENBU に今回シールも出品しています(P248~250) 

その中から今回は 
カネボウ ガムラツイストのシリーズ12弾のアルミシールのご紹介です。

_MG_1624.jpg
アルミの色が      と5種もあり超タイヘンな12弾。
銀は比較的容易ですが、他のカラーはどれも出にくく、
発見される量が少ない事もあり、どの色がいちばん希少なのかも判然としません。

早速まんだらけZENBU56号みて頂いた方から、
「2、3枚目の写真撮る時 上のシール剥いじゃうんですか?」
と、ご質問がありました。

剥がしてます。

未剥がしの方がイイ!といわれるとそれもそうですが…

ではナゼ?なのかというと、
2枚目の感光塗料の状態が気になるから。
3枚目の色違いはもちろんいちばん重要ですが、

2枚目のシールの状態が気になるのです。  

_MG_1619.jpg

白さがポイント 

2枚目のシールは、上に1枚目のシールが重ねて貼ってあり一見保護された状態、
実際スリキズダメージは受けないと思います。
ところが紫外線ってのは もうちょっと強力で、シール1枚の壁はあまり問題ではないようです。
感光塗料は長時間紫外線にあたり続けるとその機能がなくなり、
本来は紫外線にあたった時に色が出るはずなのに、色でっぱなしになっちゃいます。
ssgamura.jpg
こんなふうに出っ放しなので せっかくの 隠れ要素も台無しです。

これまで保管されてきた環境しだいなので、押入れなど暗所で保管されたケースも多めで、
実際にはヤラれてないシールが多めなのも事実ですが
めくってみるとが色出てる場合もやっぱりあります。
色出てない方がいいですよね?
そんなわけで、出品商品ぜんぶ いちど剥がして戻してあります

まず、2枚目まで剥いで3枚目の絵柄を撮影

次に、3枚目の上に2枚目を貼って2枚目の絵柄を撮影

最後、2枚目の上に1枚目を貼って1枚目の絵柄を撮影

今回この手順で撮影しましたので、今のシールの重ねの状態は1枚目の画像そのものです。

それでも未剥がしには夢があるので、
こうやって、「めくりグセ」があるか ないかを まずさわってみます。
120910_1758~01
剥がす方向にちょっと力いれてみて、はがれてこない「めくりグセ」ないシールは今回選びませんでした。
(中野店カード館)
スポンサーサイト
  1. 2012/09/10(月) 21:21:21|
  2. まんだらけZENBU

まんだらけ 通販

まんだらけ オークション